研究紹介

学生の皆さんへ

当研究室では、VLSIシステムあるいは、組込みシステムと呼ばれているものの設計手法について研究しています。半導体の微細化が進み、1つの電子システム全体を1チップで実現できるようになっており、その性能を最大限に導き出し、かつ、正しく短期間に設計する手法について研究しており、特定分野ではスーパーコンピュータ並みの計算が可能となっています。 電子システムはハードウェアとソフトウェアの両方からなり、設計手法も両方の良いところを融合することが目標になっています。数学的素養が非常に重要であり、当研究室で扱っている研究テーマは、コンピュータサイエンスと電子工学が融合した分野です。

Cyber Physical Systemとは?

Cyber Physical Systemとは、社会の様々な場所で活用されて いる実時間組込みシステムから得られる情報とコンピューティング を組み合わせ、より高度な社会を実現するための枠組みのことです。 藤田研究室では、Cyber Physical Systemを支える情報機器― VLSI, 組込みソフトウェア―を設計・検査する技術を開発したり、 集約した情報を効率的に活用するための計算手法・実装手法を研究しています。

研究紹介

実時間システムに搭載されるLSIチップなどの半導体製品は、ソフトウェアと異なり後から修正することが非常に難しいため、 厳密な検証やテストや間違いを製造後に修正する技術などが高い信頼性を保つために重要になります。 当研究室では、システムレベルからポストシリコンまでの各ポイントにおける合成・検証・テスト技術をカバーし、ディペンダブルなLSIの設計を支援しています。

科学技術計算や画像映像処理には実行に時間がかかるものがあり、専用ハードウェアを用いた高速な計算が求められています。 専用ハードウェアを効果的に利用するには、目的とする計算に最適化された演算器を高い並列度で実装することが必要です。 当研究室では、ニューラルネットワークなどの応用例に対して実装を行っています。

コンピュータの性能向上に伴って、搭載されるソフトウェアの複雑性も増しています。 この状況でソフトウェアを正しく素早く作成することは大変なことです。 当研究室ではソフトウェアの自動合成や自動検証技術に関する研究を行っています。

研究室紹介ポスター

クリックするとPDFがダウンロードされます。